【建物・雑学】日本で有名な「建築家」は誰?《BEST3》

雑学

日本で有名な建築家第3位は、丹下健三です。

空間と象徴に重きを置いた作品で知られており、何と言っても東京都庁舎の設計が有名です。

過去に建築家ならば誰でも欲しいと言われている世界的な賞を受賞した経験もあり、世界に認められた建築家と言えます。

第2位が隈研吾で、彼が建築家としての道を選んだのは丹下健三の作品がきっかけです。

1990年に設計事務所を設立して以来、数多くの建築に携わってきました。

独特な外観とそれにフィットする内装は、世界的にも人気を誇っています。

第1位は前川國男で、20世紀初頭に当時世界的だった建築家の事務所で建築を学び帰国後に個人事務所を設立しています。

第1回日本建築学会賞大賞を受賞し、そこで発表されたメッセージが大きな反響を呼びました。

数ある作品の中でも、東京文化会館は有名です。

ここで紹介した他にも有名な人物は数多くいますが、誰もが知っていると言えばこの3名ではないでしょうか。

関連記事一覧

関連リンク

  • リフォーム業者 紹介 無料

    リフォーム業者を探すなら、営業会社を通すのではなく「ゆうネット」を利用しませんか?優良店を無料で紹介。工事店と直接やりとりできるので、中間マージンが発生せず、費用削減にも繋がります。

    ykn.jp/