学生にも人気!”初心者”のための分かりやすい建築本【TOP3】

雑学

初心者が建築について学べる本を紹介すると、最初に挙げられるのが「建築家になるには」です。

菊岡倶也さんにより書かれた本なのです。

建物の中でも病院や学校・デーパート・オフィスビルなどいろいろな建物があることを紹介しています。

また、現場にて工事監理をする仕事があることも紹介してくれています。

次におすすめするのが、「新米建築士の教科書」です。

飯塚豊さんが書いた本です。

この本では、どうしたら一人前の建築士になれるかが記載されています。

これは、企業の新人教育などでも多く採用されています。

最後におすすめするのが「建物ができるまで図鑑」です。

瀬川康秀さんが書いたものです。

これは、RC造・鉄骨造の建物ができるまでを、イラストにてわかりやすく解説してくれています。

関連記事一覧

関連リンク

  • すっぽん鍋

    食通が通うほどのすっぽん料理はぜひ料亭やまさでご堪能ください。クセも臭みもなく大変食べやすく、すっぽん本来の美味しさを存分にご賞味ください。思い出に残るようなおもてなしで心づくしの料理を味わってみませんか?

    yamasa-suppon.com/