【建物】どんな法律?「都市計画法」の内容と目的について解説します。

法律

  • HOME
  • ブログ
  • 法律
  • 【建物】どんな法律?「都市計画法」の内容と目的について解説します。

都市計画法はその名の通り、都市計画に関する事項を定めている法律で都市が将来的に人口や土地の利用法などどのようにあるべきかを予想し、それを実現するために必要な規制や整備を行い問題無く都市を発展させていこうとするものです。

具体的に見ると、エリアを区域と準区域に分けており前者がより計画的に発展させるためのエリアで、後者が仮に乱開発が行われると都市を整備する際に何らかの支障が生じる可能性がある、と考えられているエリアです。

この法律がないと、歴史的な景観を破壊するようなビル群があちらこちらに建てられ人々が快適に生活ができなくなる可能性もあります。

そのため、誰もが快適に暮らせるようにとの願いからこの法律が制定されたのです。

関連記事一覧

関連リンク

  • 東京 運転代行

    東京で質の高い間違いのない運転代行サービスは、東京プラチナ運転代行が提供しています。どこにも負けない高品質のプラチナクオリティなサービス。確実に安全にあなたを心地いいドライブ感覚でお家まで送り届けてくれます。

    platinum-daikou.com/