フェンスの耐用年数-目安の年数とは?あなたの知らない建築物の世界。

フェンス

外構に使われているフェンスにはいろいろな素材がありますが、耐用年数はできている素材で異なります。

最も寿命が短いのが木製のフェンスです。

表面を塗料でコーティングしている場合は5年以上もつこともありますが、多くの場合1年から2年で劣化してしまいます。

次にメッシュフェンスの場合ですが、メッシュフェンスはスチールあるいはステンレスの針金の上に樹脂製の塗膜がありますので、それなりに耐用性も高く、10年程度もちます。

樹脂塗料が劣化するとひび割れが目立つようになり、それが交換のサインです。

一番耐用年数が高いのがアルミフェンスです。

アルミはサビにも強く安定した物質ですので、野ざらしの環境でも数十年使えますので、人によっては一生モノです。

関連記事一覧

関連リンク

  • 巻き爪 北九州

    強い巻き爪や深爪、足のトラブルにお困りなら、巻き爪キューキュー福岡。痛みのない治療・世界特許の特殊技術「ぺディグラス」を使った施術で、爪本来の形が蘇る巻き爪の改善を行えます。靴を履くたびの憂鬱や、人の足を見せる苦痛から解放してくれます。

    www.makizume99.com/