【建物】どんな法律?「建築基準法」の内容と目的について解説します。

法律

  • HOME
  • ブログ
  • 法律
  • 【建物】どんな法律?「建築基準法」の内容と目的について解説します。

建築基準法は、建物や土地に対してのさまざまなルールが定められた法律です。

これにより、私たちが日本で暮らしていくうえで安全かつ快適な暮らしができます。

建築基準法では建築物やその敷地、構造や設備、用途が対象となっています。

例えばどのような用途で使用されるのか、どの程度の規模になるのかなど多くのルールが定められていて、着工前の確認や着工後の中間検査と完了検査なども含まれたものです。

なぜこのようなものが必要になるのかというと、自己所有の土地や建物であっても、完全に自由にできるわけではないからです。

同じ地域に用途が違う建物が混在するのを防ぐ用途地域や、敷地から道路までの距離、建蔽率や高さ制限、延焼を避けるための防火地域と準防火地域などの決まりがあります。

これにより建物の大きさや居室の広さ、道路からの距離や延焼を防ぐための建物の構造や材料なども定められています。

関連記事一覧

SQLSTATE[HY000]: General error: 1 no such table: Link