マンションの建て替えが進まない。老朽化が進む中…その驚きの理由とは。

建物にまつわる話

マンションの老朽化が進んでいても建て替えができないことがありますが、その理由が住人からの合意が得られないことです。

無料でマンションの建て替えが行われるわけではなく、新築を購入する場合と比べれば安くなりますが、それでも住人の出費が必要になります。

さらに、建築中に一時的に仮住まいに転居し、完成後に戻るために2回の引越し費用も掛かるため、まとまった費用を用意していないと対応できません。

しかし、現実には若い世代は新しい住宅に引っ越してしまうため、建て替えが必要な老朽化したマンションに居住しているのは高齢の世帯になり、支払える余裕がない場合が多くなります。

また、全体の5分の4の合意がなければ行えないという条件も高いハードルになっており、必要であってもできない状況があります。

関連記事一覧