【建物】どんな法律?「景観法」の内容と目的について解説します。

法律

  • HOME
  • ブログ
  • 法律
  • 【建物】どんな法律?「景観法」の内容と目的について解説します。

景観法は、日本の都市や農山漁村の良好な景観の形成を促進することを目的に作られた法律です。

美しく風格のある国土を作ることで人々の生活にも精神的に潤いが出てきます。

それが地域社会の活性化につながり、経済活動にも良い影響が出ると考えられているからです。

誰でもきれいで美しい場所で生活したいと考えます。

とくに有名な日本の観光地では、看板の色など規制をして街全体の情緒を大切にしているところもあります。

それによってさらに観光客が増えるという経済効果につながっているのです。

景観法自体が、何か景観に関して規制をしたりする内容になっているわけではありません。

行政団体が景観に関する条例や計画を作るための法律になっています。

関連記事一覧

関連リンク

  • コスメディ製薬

    「肌の奥までじっくり美容成分を浸透させてくれる」として話題の、「コスメディ製薬」開発の『溶解型マイクロニードル』。これを利用したお肌の気になる部分にヒアルロン酸が注入できる特別製のパックが、「ヒアルロン酸注射よりラク♪」と多くの美容系女子の間で評判になっています!

    cosmed-pharm.co.jp/