【建物】どんな資格?「コンクリート技士」の仕事内容と将来性について。

資格

  • HOME
  • ブログ
  • 資格
  • 【建物】どんな資格?「コンクリート技士」の仕事内容と将来性について。

コンクリート技士は建設業においてセメントの扱いから品質管理等、コンクリートを使う仕事をしています。

コンクリート技士になるためにはコンクリート技士、診断士試験というもの受けて合格する必要があります。

この試験の合格者は30パーセント前後で難易度は高めです。

受験資格は実務が3年以上ある人や、その関係の大学や短大を卒業し、2年以上の実務を経験したものです。

この仕事について必要なことは、建築骨材の知識素材としてのセメントや混和剤、補強材の調合の知識も必要です。

現場での基本となる製造や品質、施工、試験等の建築にとっての知識を持つことも必要です。

その将来性は近年の進歩の技術に伴って、巨大化し、多様化するコンクリート工事に対応して明るいといえます。

関連記事一覧