【建物】どんな法律?「水道法」の内容と目的について解説します。

法律

  • HOME
  • ブログ
  • 法律
  • 【建物】どんな法律?「水道法」の内容と目的について解説します。

水道法は、水道事業を保護して生活環境の改善と公衆衛生の向上を目的に作られました。

生活において水は大切で、安全できれいなものでないと病気が蔓延する原因にもなります。

そのため水道法の内容には、水道事業者の認可基準や事業者の給水義務などについて規定が記されています。

水を安定的に供給するためとはいえ、生活にはかかせない水をどんな事業者でも扱えるわけではありません。

安全に水が使用できるように、水質基準も規定されています。

基準をもうけることで、安心して利用できるようになります。

安全なものでないと健康に害が及ぶので、法律できちんと定める必要があります。

また、貴重な資源でもあるので合理的に使用される必要もあるからです。

関連記事一覧

SQLSTATE[HY000]: General error: 1 no such table: Link