【建物】どんな資格?「建築士」の仕事内容と将来性について。

資格

建築士の仕事は住宅やマンション、ビルなどの様々な建物の設計をしながら、工事の監理や監督をする仕事です。

例えばクライアントから「こういった建物を造ってほしい」と依頼されたら、その要望にこたえた設計を行います。

また、建築士になるには、国家資格である一級建築士や二級建築士などの資格を取得しないといけません。

この資格がないと仕事をするのは不可能なので、最初は設計事務所などでアシスタントとして働きながら、資格取得を目指すのが一般的です。

将来性については、毎年いくつもの建物が新しく建設されているので、その需要は安定しています。

もちろん景気に左右される部分はありますが、建築士の仕事が完全になくなる可能性はまず無いといえるでしょう。

そのため、将来性は安泰と言えます。

関連記事一覧

関連リンク

  • フランチャコルタ

    イタリアには、奇跡を起こしたと言われるワインがあります。そのワインはフランチャコルタと言うスパークリングワイン。厳しい規定を守って造られる品質の良さは、「フランチャコルタの奇跡」と呼ばれるほど、イタリアでは高級ワインの名声を得て高く評価されています。極上の逸品をぜひ味わいください。

    www.franciacorta.net/