【建物・雑学】「大規模建築物」の基準と代表的な建築物3選

雑学

大規模建築物とは建築基準法に定められたもので、木造の場合は高さが13メートル以上、軒高が9メートル以上、階数が3階以上、延べ面積が500平方メートル以上のどれかひとつを満たす建築物とされています。

木造以外では階数が2回以上、延べ面積が200平方メートル以上のどちらかを満たせは大規模建築物と呼ばれます。

代表的な建築物としては高層マンションやビル、学校、病院などがあり、街中には大規模建築物が数多く溢れています。

これらの建物を新たに建築する場合は建築基準法に適合しているか着工前に申請しなけらばならない義務があり、工事中や工事完了後にも検査を受ける必要があります。

違反した場合は工事施工の停止や違反を是正する措置が命ぜられます。

関連記事一覧