【建物・雑学】一級建築士は意外と簡単?気になる難易度や将来性について解説!

雑学

  • HOME
  • ブログ
  • 雑学
  • 【建物・雑学】一級建築士は意外と簡単?気になる難易度や将来性について解説!

一級建築士は建築関係の資格の中では最難関の資格の一つです。

しかしながら試験の合格率はあまり対策をしていない人も受験しているため、極端に低いわけではありません。

学科試験の場合には働きながら対策をできずに受ける方もいますので、万全に対策をしている方の場合には合格率が30%をこえている異例も少なくないのです。

学科試験の次の製図試験でも、きっちりと対策をして一級建築士になるための勉強をしている方の合格率は50%以上になることもありますので、対策をすれば合格できる資格だと言えます。

難易度はやや高いですが、この資格が有ればマンションや高層建築の設計ができますので、将来性は非常に高く重宝する資格の一つです。

関連記事一覧

関連リンク

  • ドライバー 転職

    2tトラックやフォークリフトなど、持っている資格や経験に合わせてお仕事見つかります!ドライバー職の転職をお考えなら、ドライバー転職ドットコムにお任せ下さい。業界専門ならではの豊富な情報量で、あなたの転職を支援してくれますよ♪

    www.driver-tenshoku.com/