【建物】どんな法律?「道路法」の内容と目的について解説します。

法律

  • HOME
  • ブログ
  • 法律
  • 【建物】どんな法律?「道路法」の内容と目的について解説します。

道路法は1952年に制定され、道路に関して様々なことが取り決められています。

道路には高速自動車国道や一般国道、都道府県道や市町村道の4種類ありますがそれらに関する管理や費用を誰が負担するのか、これらを使用する際に違反した場合の罰則などを定めています。

これが制定される以前は道路と言っても種類が少なく、自動車も現在ほど多くはなかったため特に取り決める必要はありませんでした。

しかし徐々に人口が増加し自動車も多くなるにつれて、交通網をしっかりと整備するだけでなく交通の発達を促し、結果的に公共の福祉を増進することを目的として制定されたのです。

私も勘違いしていたのですが、上述の4種類に該当しないものは道路であったとしてもこの法律は適用されないことに注意しましょう。

関連記事一覧

関連リンク

  • PR会社

    SNSを用いたPRも、海外向けのPRも、50年以上の実績を持つ「共同PR」であれば安心してお任せいただけます。高い技術と信頼で、納得のいく広報活動をお届け。PR活動で失敗したくない方、ぜひ安心して共同PRにお任せください。

    www.kyodo-pr.co.jp/