【建物】どんな法律?「浄化槽法」の内容と目的について解説します。

法律

  • HOME
  • ブログ
  • 法律
  • 【建物】どんな法律?「浄化槽法」の内容と目的について解説します。

浄化槽法は、浄化槽の設置や保守点検や清掃や製造に関する規制と工事業者の登録制と用仮装清掃業の許可制度を整備するために定められた法律です。

浄化槽設備士や管理士という資格を定めることで公共用水域の水質の保全と、し尿や雑排水の適切な処理を図って、生活環境の保全と公衆衛生の向上を目的としています。

下水道が整備されていない地域においては浄化槽の設置が義務付けられていて、住宅の大きさによって設置する槽の大きさなど細かく定められているのです。

設置後の清掃などの保守義務も発生し、違反すると罰則も規定されています。

地域によっては設置者への講習会なども実施されていて、浄化槽の正しい使い方や保守点検に関する法律などの講習を受けることが義務付けられている地域も多いです。

関連記事一覧

関連リンク

  • 大型オフィス 物件 東京

    OFFICE UPの物件検索サイトは、社員数が50名を超える企業さまでも安心です。東京都都心部を中心に、大型で広い物件を掲載しています。契約後のアフターサポートも充実。ぜひご利用ください。

    www.office-up.net/