【建物】どんな法律?「消防法」の内容と目的について解説します。

法律

  • HOME
  • ブログ
  • 法律
  • 【建物】どんな法律?「消防法」の内容と目的について解説します。

消防法は、火災から人々の命を守ることを目的に制定された法律のことです。

具体的には、消防車の出動による火災現場の消火活動はもちろんのこと、日々私たちが生活している場所の火災予防や消防設備などに関する事項も定められています。

たとえば、規模の大きい建物に関わらず階段がひとつしかない場合、避難はしごや緩降機などの設置が本法律において義務付けられています。

また、防火管理者を置き、防災計画の作成などを行うことも必要です。

さらに、本法律では避難経路を妨げる荷物の放置なども禁止しており、万が一火災が発生した時の被害を最小限に食い止めるための規定がその中心となっています。

なお、その義務に対する重大な違反が確認された場合指導や命令といった形で行政処分が執行されます。

関連記事一覧