【建物】どんな資格?「建築CAD」の仕事内容と将来性について。

資格

建築CADは、建築で図面を設計する際に使用されるソフトのことでこの資格があると建築士や設計士として図面を正確に描けることを客観的に証明できます。

建築士としては設計士以上に大きな規模の建物の設計が可能で、設計士ならば基本的な寸法などを製図します。

また、CADオペレーターという仕事も最近では増えてきており、設計者が作成した図を誰が見ても分かるように清書をするというもので設計を仕事とする人の最初のステップです。

今後も日本では建設ラッシュが続くと言われていることもあり、この資格が必要となる仕事も多くなるのではないでしょうか。

CADソフトは無料のものも多くなっているため、取得を目指している人は気軽に勉強ができます。

関連記事一覧