【建物】どんな資格?「建築施工管理技士」の仕事内容と将来性について。

資格

  • HOME
  • ブログ
  • 資格
  • 【建物】どんな資格?「建築施工管理技士」の仕事内容と将来性について。

建築工事と言ってもその種類は多くあり、それぞれを総合的に理解し行うのが施工管理でありこれを行う人のことを施工管理技士と言います。

建物の発注者や設計者と打ち合わせをしたり、工程管理などを行います。

打ち合わせではその専門的な知識から、建築をリードしなければならないためある程度のリーダーシップが必要なのです。

工程管理では発注者の希望する時期に間に合うように現場をコントロールするのはもちろんのこと、安全に工事が行われているかなどの確認も行います。

高度経済成長期の建築ラッシュが続き、それらが見直されてくる中で建築施工管理技士の需要は高まっていると言われています。

今後もこの時期につくられた建物の修繕などにおいて、人材争奪戦が行われると予想されています。

関連記事一覧

SQLSTATE[HY000]: General error: 1 no such table: Link