オフィスビルの専門用語-よく使われる関連語を紹介!あなたの知らない建築物の世界。

オフィスビル

オフィスビルで良く聞く専門用語にA工事、B工事、C工事と言った用語を使用しますが、オフィスビルや入居しているテナントがレイアウト変更する場合などに使用される専門用語です。

簡単に説明すれば、誰が工事費用を負担するかの決め事で、A工事はビルの所有者が費用を負担して行う工事で、共有部やビルの外壁工事、空調機などビル全体の工事のことを言います。

B工事は、テナントがレイアウト変更で電気工事が必要になったり、天井照明の位置を変更する場合などが該当し工事業者は、オフィスビルの指定会社で費用はテナントが支払うことになります。

C工事は、OAフロアーの下にあるLANケーブルや電話の配線などテナントが施設する工事で、これは工事会社も費用もテナントの会社が行います。

OAフロアーの下に電源ケーブルが入って入れば、B工事とC工事が同時に行われますが、相見積を取れるのはC工事だけと言うことになります。

関連記事一覧

関連リンク

  • 看板 解体

    廃業してそのままになってさびた看板…落ちて通行人にけがをさせてしまったらと不安ではありませんか?長崎県西海市の解体のプロ「一瀬組」に依頼すれば、ずっと気になっていたことをスッキリできるかもしれませんよ!

    www.ichinosegumi.com/