集合住宅の耐用年数-目安の年数とは?あなたの知らない建築物の世界。

集合住宅

耐用年数があるのは一戸建て住宅だけではありません。

集合住宅もまた耐用年数が基本的にすべて存在しており、着工の時期から数えて30年から40年程度で、その時期を迎えます。

公法や地域性、天災の影響などよって微妙にその時期は前後します。

新しい耐久性の優れた素材と最新技術を駆使して建てられた集合住宅については、約50年の耐用年数を誇るのです。

一般的な経年劣化や老朽化であれば、大規模なリフォーム工事やメンテナンスで修復可能です。

一方で寿命を過ぎた建物については、取り壊しが必要となります。

一見すると頑丈で耐用年数が存在しないように見えるタワーマンションや新築のピカピカなマンスリーマンションでも、最長50年位で取り壊しと建て替えが必要です。

関連記事一覧