戸建て住宅の耐用年数-目安の年数とは?あなたの知らない建築物の世界。

戸建て住宅

戸建て住宅の耐用年数は、日本国内において木造住宅の場合には、一般的には30年程度といわれています。

しかし、どのような構造のもので材質はどうなっているのか、などによっても異なりますし、建ててからのメンテナンスの機会があるのかということによっても大きく左右されるのが実情です。

鉄筋コンクリート素材の物は耐用年数が長いといわれますが、これもメンテナンス次第となっています。

圧倒的に木造住宅が多い日本ですが、外壁や屋根などは耐用年数hが10年前後のものが使われることが多いです。

そのため、こまめに手入れをしていることで、耐用年数は長くすることができます。

白アリなどが発生することでも寿命が短くなりますので、こちらも定期的なお手入れが必要です。

関連記事一覧