ビニールハウスの耐用年数-目安の年数とは?あなたの知らない建築物の世界。

ビニールハウス

ビニールハウスの耐用年数は建て方や素材によって、変わります。

木材とビニールをメインに建てられた物については、耐用年数がおよそ5年前後と比較的短めです。

建てる方も最初から消耗品だと割り切っている事がほとんど、期間限定で限られた農作物を育てる時などに用いられます。

次に金属製の素材と頑丈なフレームを多用したビニールハウスの場合、耐用年数は10年から15年です。

鉄骨を主に利用する事で、簡易的な建物に近い状態になります。

基礎工事をしっかりと済ませる事で最長15年近くの耐用年数となります。

そして、いわゆる一般的な農家で使われているスタンダードなビニールハウスは耐用年数が10年前後です。

基礎を設けない形なので、臨機応変に解体や移動出来るのが利点です。

関連記事一覧

関連リンク

  • 自動化設備 製造

    自動化設備・製造のことならファクテムをご利用ください。品質は勿論のこと、快適性、効率性、経済性、安全性を前提とし、メンテナンスや調整のしやすさまでも使う立場に立ったあらゆる意味で使える装置としての自動化設備を実現しています。

    factem.co.jp/