物置の専門用語-よく使われる関連語を紹介!あなたの知らない建築物の世界。

物置

  • HOME
  • ブログ
  • 物置
  • 物置の専門用語-よく使われる関連語を紹介!あなたの知らない建築物の世界。

物置は一見すると住宅の仲間のように思えるのですが、実際には外構設備の一種で構造が異なるため、工事の際には独自の専門用語が使われます。

住宅ではコンクリートで基礎を作って、その上に固定する形で建物を作るのですが、物置の場合には平らな地面にコンクリートブロックを置いて、その上に小屋を乗せる形で施工が行われることが一般的です。

そのままでは不安定な状態になってしまうため、物置の施工工事では別途「アンカー工事」と呼ばれる転倒防止工事が行われます。

まずは物置本体とアンカーを、ボルトでしっかりと繋ぎ止めます。

さらにアンカーの先を地面に掘った穴の中に入れて、コンクリートを流し込んで固定します。

アンカーとは船の錨のようなものであり、作業により台風や地震に備えることができるのです。

関連記事一覧

関連リンク

  • 六本木 貸切会場

    大切なイベントを成功させたいなら!FANCY TOKYOにご相談ください!最新設備を導入し、外国でのナイトクラブに負けないほどの華やかな空間を演出してくれます!まずはこちらから詳しくチェック!

    fancytokyo.com/